ビリー・ジョエル

今週はすごいね。エリック・クラプトンやU2、大物が東京にいる!そして私は、ビリー・ジョエルのライブを見てきました♪

エルトン・ジョンとのジョイント来日公演から8年振り、
単独来日公演は11年振りなんだって。

ジョイントライブに行った友人や、カナダのホストマザーが大絶賛していたので、どーしてもBilly Joelの生声を聞きたかったのだ、



もう最高。
さすが大御所。
派手な演出なくても、大大だ~い満足!

アンコール含めて、約2時間10分の公演。
彼がステージから消えたのは、ステージ降りてアンコールで戻ってくるまでの約3分?位。

そう、彼はずっとステージ上で歌いっぱなし。
すごいよ。
こんなアーティスト、見たことない。
普通、本人は途中で休憩&衣装替えの為ステージを下がり、バンドやダンサーが時間を繋ぐ場合が多いのに!

それに、ホントにピアノマンだった!

野暮ですんません(^^;)。

今まで彼の曲を耳で聞く場合が多く、映像でみる機会がほっとんどなかったもんで。
全23曲中、スタンディングマイクで歌ったのは4・5曲位で、あとはすべて弾き語り。鍵盤を弾いている手をアップでモニターに映すんだけど、当たり前だけど上手い(笑)。

数曲は、「○○年に出したアルバムで~」とか説明をつけてくれたけど、それが75年、76年、78年とか…

30年以上も前の曲なのに、全然古さがないし、いまだに名曲として受け継がれてる。しかも1曲だけではなく、数多く。ライブ前に2枚組みのベスト盤を聞いたけど、改めて「いい曲作るな~」と思った。

生演奏を聞ける機会があって、本当によかった。

NY出身の彼だけあって、NYのことがよく歌詞に出てくるような感じ。

NYで高いタワーに登って、夕焼け~夜景を見ながら聞きたいなぁ~と、公演中何度も思った。
昨日のめざましTVのOh My NYでも、クリスマスイルミネーションのキレイなNYを紹介していたし!
あ~、NY行きたくなった!!!

「あ~ん、見たかった!」という方に朗報?
今日の東京ドーム公演は、1月にケーブルテレビ版フジテレビで放送されますよっ。1月だけでも視聴料払ってみる価値あるかも?!

■setlist■
『上を向いて歩こう』弾いて、アンコールのラスト、『ピアノマン』のイントロにつなげて歌うところには、感動して涙が出ちゃった。

01. Prelude/Angry Young Man
02. My Life
03. Honesty
04. The Entertainer
05. Zanzibar
06. New York State of Mind
07. Allentown
08. Don't Ask Me Why
09. The Stranger
10. Just The Way You Are
11. Movin' Out (Anthony's Song)
12. Miami2017
13. An Innocent Man
14. She's Always A Woman
15. I Go To Extremes
16. The River of Dreams
17. Highway To Hell
18. We Didn't Start The Fire
19. Big Shot
20. It's Still Rock and Roll To Me
21. You May Be Right

(Encore 1:)
22. Scenes From An Italian Restaurant

(Encore 2:)
23. Piano Man

*RockShowより拝借
http://blog.livedoor.jp/rockshow_jp/
[PR]
by vancouverian | 2006-11-30 23:58 | コンサート
<< 師走 競馬デビュー >>